尾崎豊が唯一テレビ出演した夜のヒットスタジオの動画を見てみる

尾崎豊が唯一テレビ出演した夜のヒットスタジオの動画を見てみる

尾崎豊が歌番組に出演したことがあるのは一度だけ、ということは皆様ご存じでしょうか。

あんなに影響力があり、実力、人気ともに伝説とまで言われる彼が、です。

一体いつ出演し、何を歌い、何を話したのでしょうか。

スポンサーリンク

尾崎豊は意外にもテレビ出演は一度だけ?

彼が出演した番組は

夜のヒットスタジオDELUXE

エンターテインメント特化型の歌番組です

その番組内で歌ったのは太陽の破片。

孤高のアーティストとして常にトップを走っていた尾崎にはなんとも不釣り合いに見えました。

その背景には一体何があったのでしょう

 

尾崎豊が出演したテレビ番組の動画

 

不釣り合いなテレビ番組

実は、尾崎豊は1987年12月22日、覚◯剤取締法(薬)にて逮捕されています。

懲役1年6ヶ月。執行猶予3年。

東京拘置所から釈放されたのは翌年2月22日。

拘置所の中で書き上げたのが太陽の破片です。

夜のヒットスタジオDELUXEで歌ったのはその年の6月22日です。

 

釈放から4ヶ月、少々早すぎではないかという気もします。

しかし同年、尾崎はドームツアーを控えておりました。

ドームツアーの宣伝の為に出演したのは明らかです。少なくとも私にはとても本人が望んで出演しているようには見えませんでした。

 

アナウンサーやスタジオ内の雰囲気におびえるように肩を抱きながら質問に答えている様子は、言い方は悪いかもしれませんが「虐められている」ようにしか見えませんでした。

 

スタジオ内には話題の『10代のカリスマ』。

その歌声がブラウン管から全国に届けられます。

世間からの好奇の視線をその全身に感じながら曲が始まります。

序盤の静かにかみしめるような歌い出しから曲の終わりの絞り出し苦しみもがくような咆吼。

まるで世間に対して己が抱えている苦しみや悲しみ、負の感情を叩き付けているかのようでした。

歌い終わった後のスタジオの拍手喝采。

先ほどまでの咆吼は嘘だったかのようにお辞儀をしました。

 

 

それでも命ある限り歌い続ける

太陽の破片は、夢と現実の違いに傷つきながら、失望と戦いながらも愛を信じ抜く。そんな内容になっています。

その短い人生で、己を傷つけ、世間の視線に耐え、まさに全身全霊で数々の名曲を歌い紡いだ尾崎豊。

 

確かに彼がしたことは若気の至りでは済ませられないかもしれません。

 

しかしそれ以上に彼の残した名曲の数々は、世間に対する不満や真実の愛を叫び、心をゆさぶります。

そして、いつまでも私たちの記憶に鮮やかに、どこまでもまぶしく輝くのでしょう。

まるでその歌自体が太陽の破片のようですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です