尾崎豊 斉藤由貴のフライデー 小樽旅行と別れた理由は

斉藤由貴と尾崎豊の不倫旅行した場所が北海道の小樽でした。

小樽での旅行中に一般人によって撮影された写真と動画が『フライデー』に掲載されたのです。

 

人気絶頂の2人の不倫が世間に発覚し、斉藤由貴さんの記者会見映像は今でも時々紹介されますね。

斉藤由貴さんにとって妻がいる男性(既婚者)との交際は、つまり不倫は、尾崎豊が初めての人でした。

この不倫旅行の2年前に尾崎豊は繁美さんと結婚し、すでに子供も誕生していました。

2人が別れた理由は、尾崎豊さんが『家族』の元に戻った・・・ということでしょう。

 

スポンサーリンク

尾崎豊と斉藤由貴の不倫

斉藤由貴さんが記者会見の中で、自分と尾崎豊さんは『同志』だといいました。

2人にしかわからないつながりとフィーリングがあったのでしょう。ちなみに二人共、血液型がB型であり、さらに気があって、感情のおもむくままに熱く盛り上がったのかもしれません。

 

そしてこの時期、尾崎豊さんは妻 繁美さんとの関係がうまくいっておらず、対談の前月に別居を切り出しています。

もしかしたら、月刊カドカワでの対談前には尾崎豊・斉藤由貴は熱愛が始まっていたのかもしれませんね。

 

不倫旅行で小樽に行った翌年の4月に、尾崎豊さんが亡くなりました。

マネージャーから一報を聞いた時、泣き崩れていたそうです。亡くなる前には、尾崎豊と会うことはなくなっていました。

 

その後、尾崎豊さんへ向けた言葉かと思われるものを著書に書かれています。

 

「そして同志たるあなたへ 本当にありがとう。とりあえず、また」

透明な水

 

より

 

2人の年齢は

尾崎豊 1965年11月29日

斉藤由貴 1966年9月10日(50歳)

年齢は尾崎豊が1歳年上です。

 

不倫していた時の年齢は尾崎豊さん25歳、斉藤由貴さん24歳。

(もし尾崎豊が結婚していなかったら斉藤由貴と結婚していたのでは?と思っている人も多いようです)

 

出会いのきっかけ『月刊カドカワ』

1990年11月『月刊カドカワ』で2人は対談しています。

対談は尾崎豊の希望だったようなので、斉藤由貴さんに好意があったことは確かでしょう。

 

『月刊カドカワ』1990年11月号の中の写真

恋が始まる予感もするような雰囲気がありますね。

 

そして北海道の小樽に不倫旅行へ行ったのは翌年の1991年です。
これをフライデーがスクープしたのです。

 

(余談になりますが、フライデーと尾崎豊の関係はこの不倫スクープだけではありませんでした。

印象的なのは尾崎豊の遺体写真か蘇生写真かと思われる写真を掲載し、今でもネット上に存在します。

この頃は過激な報道合戦があったんでしょうね。ビートたけしさんのフライデー襲撃事件はもっと前のことです)

 

スポンサーリンク

斉藤由貴 不倫歴

 

1991年 尾崎豊

1993年 川崎麻世

(斉藤由貴1994年結婚)

2017年 一般人の医師

ちなみに1994年に斉藤由貴さんは一般男性と結婚されているので、2017年の不倫はダブル不倫となります。

結婚相手の男性とは信仰する『モルモン教』の縁だといわれています。

 

斉藤由貴が尾崎豊へ当てた手紙

 

*画像引用 https://ameblo.jp/fukushimamomoko/entry-10595667283.html

 

月刊カドカワ✕尾崎豊

 

斉藤由貴さんと尾崎豊さんの対談が掲載されているのは『月刊カドカワ』の1990年11月号。

それがどこにもない・・・

ファンなら欲しいでしょうし当然ですね。

 

しかし、尾崎豊は連載もしていた関係もあり『月刊カドカワ』には何冊にも登場されています。

その中の一冊がこちら。

1991年2月号です。尾崎豊の表紙になっていますね!

 

月刊カドカワ 1991年 02月号 VOL.9 尾崎豊

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です